CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PR
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 山中の 自然と戯れ リフレッシュ | main | リバウンド 契機はこうゆう とこにある >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    温泉に 遺産に蕎麦にと プラン済み
    0
      日曜日。その2。

      事前にガイドブックを熟読し、その後の行く先は決定済みでござんした。
      まずは、磯部温泉。


      ここは「恵みの湯」という公営の施設で、入浴料も500円とリーズナブル。

      数年前に出来たばっかりらしく、中も小綺麗で。石風呂系なのと、檜風呂系
      なのがあって、日替わりで男女が入れ替わるそうな。

      男女の浴場を仕切る壁の上部は大きくあいていて、女湯の声もよく聞こえます。
      若い女性のはじける声が聞こえてきたらテンション上がるだろなとw
      残念ながら今回はございませんでしたが。

      露天もあるので、半身を出していれば、のぼせずに長い時間堪能できます。
      砂塩風呂、なんちゅう珍しいものもあるようでしたが、我は砂があまり好きで
      ないのでやめときました。オススメしてたけど。

      次に、世界遺産の登録申請をしてるらしい、「富岡製糸場」へ行きました。
      磯部から結構近いし、なんか昔習ったことあるような気がしたので。



      明治5年から操業をし、その当時の建物がそのまま残っているとのことで。





      なんかね。こういった建物の造りとかが、妙にノスタルジーを感じさせるのよね。
      こぢんまりとしたとこだけど、楽しめました。

      ちなみにこのあたりのエリアは、過去の街っぽい臭いがぷんぷんします。
      ちょっとした古いお店の感じとかね。それも逆に楽しめたです。

      その後は、ガイドブックに載っていた甘楽町という所にある「大和茶屋」さん
      で、蕎麦ランチ。


      結構分かりづらいところにあるんだけど、ガイドブックに載るくらいだし、
      地元では有名なのか、そこそこの客入りでした。店内も雰囲気あったし。

      注文は悩んだ末、天ぷら付き十割そばとそばがき汁粉なんぞを。

      蕎麦はいわゆる田舎蕎麦タイプというか、太くてワイルドで。好みの問題で、
      我はやっぱり東京で普段食べてるしゅっとした蕎麦の方が好きだけど、
      この土地ではやっぱりこうゆうのが合うし、いけるね。

      汁粉も、先日室町砂場で食べたやつの方が洗練されててやっぱりうまかったけど、
      これはこれでイイ。値段も砂場の半分だし。ヤサシス(^ω^)

      、、、以上でこの二日の観光は終了。3hほどかけて帰宅。

      なんかさ。バイク1台あるだけで、こんなに有意義に週末を過ごせるだなんて、
      逆に言えば、今まではすごく勿体ない過ごし方してたなーなんて、そう思う。

      ちなみに来週末はまた海@実家。今度は会社スタッフを連れて賑やかに。
      しかも実家は、父が前述の別荘の受け渡し等のため出ていて使い放題。
      これまた楽しみ過ぎるでしょー。
      | - | 00:44 | - | - | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:44 | - | - | pookmark |